土地売却のご相談

ご売却を検討中のオーナー様へ

神奈川県内の市街化調整区域内に土地をお持ちで、「農地、畑、田だから」「農地転用ができない」という理由でご売却を諦めているのであれば、是非一度セルフドアにご相談下さい。 固定資産税を毎年収めて何も利用していないのであれば本当にもったいない話です。

売却に際して注意点

市街化調整区域の土地を売却したい場合には、様々な注意点があります。

地目は何か?先ずは確認

市街化調整区域内の土地を売却するには、登記簿上の”地目”を確認する必要があります。お手元になければ、法務局で当該土地の登記簿謄本又は要約書を手に入れて下さい。
登記されている地目が、雑種地・山林・宅地等農地以外であれば、自由に売却することが出来ます。現状が田畑であっても問題はありません。 もしも、田や畑であった場合、原則的に農業従事者以外に購入することが出来ません。

地目が農地(田・畑)の場合、地目変更が出来るか?

田や畑を地目変更(雑種地等)するには、農業委員会の許可が必要です。先ずはその土地がある市町村の”農業委員会”で、その土地が農地転用可能か確認して下さい。

農業委員会で”転用は難しい”と言われたらセルフドアまでご相談を

是非一度、セルフドアにご相談下さい。稀に農地転用が出来るケースがございます。土地の過去から現在までの利用状況、周辺の状況等を調べ上げることで、許可を頂けるケースがあるのです。

農業振興地域内の土地か?

農業振興地域の農用地区域内の農地(いわゆる農振青地)では、農地以外での土地利用が厳しく制限されており、原則として農地転用が許可されません。

建築物は存在するか?

現在、既存宅地制度が廃止され、市街化調整地域内に建築物があっても、直ちに宅地として建て替えられるとは限りません。市町村、または、セルフドアにご相談を。

 

ご売却に関するお問い合わせ窓口はこちら フリーダイヤル:0120-74-6678 携帯やPHSからもご利用いただけます。 メールは24時間受付中 お気軽にお問い合わせ下さい

エリアから探す

種別から探す

お問い合わせ窓口はこちら フリーダイヤル:0120-74-6678 メールは24時間受付中 お気軽にお問い合わせ下さい

関連サイト

東京・神奈川の「市街化調整区域の土地」【株式会社セルフドア】
東京・神奈川の「市街化調整区域の土地」の物件情報をご提供します。